Loading...

【津市・縮毛矯正・ストレート】他県や市外から通われるお客様の髪の毛の癖の悩みを解消してきたシエスタの縮毛矯正【三重・美容院】

縮毛矯正した後のヘアケア

以前のブログでは
・縮毛矯正のしくみ
・縮毛矯正のお悩みと解決策
・プロの縮毛矯正技術
・当店のオリジナル処方
についてご紹介しました。

本日は、ご自宅でできる縮毛矯正後のヘアケアについてご説明したいと思います。

ケア① 必ず乾かしましょう!

縮毛矯正の当日でも洗っていただいても結構です。
ですが、重要なポイントがあります。

『洗ったら確実に、すぐ乾かしてください』

・濡れたままターバン
・半渇きで就寝
・濡れたまましばる

そういった事をされますと、癖が戻ってしまったり、毛が折れる可能性もあります。

縮毛矯正は1剤で還元、2剤で酸化という工程をふみます。
1剤の還元=2剤の酸化がまったく同数であれば問題ないのですが、
オリジナル処方ですと、化学反応性が不安定な場合もありまして
『濡れている状態=髪の毛の状態が不安定』になりますので影響が出る場合もあります。

実際、施術のその日に髪の毛を濡らし、パーマのロットで巻きつけ再度酸化させますと
微妙にカールが形成されます。
つまり、濡れた状態で放置すればその分癖が付く可能性があるのです。

髪の毛のケアというのは基本簡単で、

『しっかり乾かして寝る』

それだけで今よりは確実にダメージも抑えられます。
それでもダメージが出る場合は、

『美容室でのカラーや縮毛矯正の薬剤が強すぎる、またはあってない、調整できていない』
ということですので
正しいヘアケアをすれば、どんな方でも綺麗にしっかり髪の毛を伸ばすことが可能です。

それでも足りない方はサロンシャンプーやサロントリートメントを使用していただくといいかと思います。

ただ、購入の際には注意が必要です。
最近、『サロン専売品』がよく売られていますが、ご自身で選んで試してもあまり効果は期待できません。

何故か?
はっきりいいますと、『サロン専売品』はプロがきちんと髪の毛の判断をして、
合うもの、合わないもの組み合わせて販売するものです。

当店では、お客様に合わせた処方をしていますので
オリジナル商品をご購入いただくことが多く、リピート率も8割に近いです。
当日の薬剤だけでなく、縮毛矯正にぴったりなヘアケア剤も沢山ありますので
お気軽にお声掛けてください。

ケア② 髪の毛を結んでも大丈夫なのか?

施術当日は、癖を直すための処方をしたばかりですので
完全に髪質が変わっているわけではありません。
なので、髪を結んだり耳にかけたり、縮毛と逆らうようなことは避けてください!
なるべく髪をフラットに保って、伸ばしている状態を綺麗にしておくことが重要です。
24時間くらい経ってからであれば、ヘアアレンジをしても大丈夫です。

ケア③ 縮毛矯正をキープするために

せっかくかけた縮毛矯正が1週間も経たずに落ちてしまうのは悲しいですよね。

縮毛矯正の後は、正しいヘアケアで髪質の改善も目指していきましょう!

まずは、シャンプー&トリートメントについて。
必ずサロン専売品や縮毛矯正用のヘア剤を使うようにしてください。
せっかくかけたのに、洗浄力の強い市販品を使ってしまうと
髪のキューティクルが剥がれてしまったり、矯正薬剤が落ちてしまう場合があります。

次に、お風呂上りのヘアケアについて。

先ほども申しましたように、縮毛矯正で髪の組成を変えているのに、
反応性の高い水がついている状態で放置してしまうと
髪へのダメージが大きくなってしまいます。

濡れている時間をなるべく短くして、ドライヤーですぐに乾かすようにしてくださいね。

なお、「乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつけよう」、「ドライヤーでのパサつきを防ぐためにヘアオイルをつけてから乾かそう」と言われることもありますが、
これは間違いです!

長期に渡って縮毛矯正を繰り返し行っているお客様の中には、
洗い流すシャンプーとトリートメントだけではまとまりが悪いというお悩みもあります。
こういった場合に、やむを得ず、即効性を持つ対処法として
洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使うことはあります。

ただし、アウトバスタイプの商品は、毎日使うものではありません。
希望としては、洗い流すシャンプーとトリートメントだけで髪質を整えられることが大切です。
もちろん、つけすぎてしまったり、しっかり洗い流せていないと
枝毛につながったり、髪のコンディションを落とす原因になってしまうため、
インバスのヘアケアでも注意が必要です。

最後に、ドライヤーでの乾かし方について。

髪は、地肌に近い部分ほど乾きづらいですよね。
実際、ドライヤーで広範囲に乾かそうとすると、毛先が先に乾いてしまって
地肌に近い部分はまだ湿っている、ということがあります。
縮毛矯正後の髪をドライヤーで上手く乾かすためには、

・まず地肌に近い髪をしっかり乾かす
・その次に毛先部分の順番でドライヤーをしていく

ことがポイントです。

★縮毛矯正で失敗してしまったら?

縮毛矯正後に
・チリチリのビビリ毛になった
・枝毛や切れ毛で髪が切れやすくなった
・矯正が十分にかかってない(例:うねりが残る、広がるなど)
・髪がまっすぐすぎる、ぺったんこになり過ぎた
・薬剤の臭いがとれない

などお客様からお悩みをいただくことがあります。
当店では、縮毛矯正後のアフターケアとしてもカウンセリングを行っております。
また、必要に応じて縮毛矯正をかけ直したり、専用のヘアケア商品をおススメさせていただいております。

少しでも気になることがございましたら、お早めにご相談ください。

————————————————————————————-

当サロンは、高い技術と豊富な実績を持つ縮毛矯正を特徴としております。

<当サロンの特徴> 〜siesta.のココがうれしい!〜

★チェックシートで事前にお客様のご要望を確認
→「施術中に会話を好まれるか、好まれないか」も含めて、お客様のご要望にとことんお応えすべく丁寧に対応いたします。

★駐車場は全5台!
→屋内駐車場3台、屋外駐車場2台の計5台分を完備。屋内駐車場の場合は、悪天候時も安心です。

★プロ意識の高いスタッフがしっかり担当
→数々の受賞歴と経験豊富なスタッフが対応いたします。
・2018JHA(japan hair doressing award)
・エリアスタイリスト・オブ・ザイヤーノミネート
・ライジングスター・オブザイヤー・ノミネート
・2018Hokuriku hair doressing award 審査員特別賞
・2018年KBR2018(関西ビューティーレボリューション)
・女性モード社賞受賞
・クリエイティブオフィシャル部門準優勝
・新美容出版社賞受賞
・サロンスタイル優秀賞
・2017年Hokuriku hair doressing award 審査員特別賞
・JAPAN PHOTO CREATION審査委員特別賞受賞
・その他国内外での受賞歴多数

当店では、お客様のお悩みに合わせて、オリジナル処方をご提供しております!
丁寧なカウンセリングも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
たくさんのご来店を心より待ちしております!

siesta公式LINEアカウントからでも受付可能です!
LINE@ ID:@wjx5788oで検索をお願いします。


Reservation

ご予約

電話予約


059-253-8150
(9:00〜17:00)

電話で予約する

LINE予約



※ご予約以外にも髪型のご相談など承ります。

LINEで予約する