Loading...

【津市・縮毛矯正・ストレート】月間60人年間800人リピート率85%以上の癖の悩みを解消してきたシエスタの縮毛矯正【三重・美容院・ストレート】

プロの縮毛矯正とは?

「縮毛矯正はダメージが大きいので、かけるか悩んでいます」

これは本当にほとんどのお客様に聞かれますし、美容師もそう思っていることは多いです。

しかし、正しい知識・条件で行えば、ダメージを払拭する素敵な髪を作り上げることができます。
さらには、年代や理想に近づけたストレートパーマをご提供できるんです!

本日は、プロの縮毛矯正技術についてご説明します。

1.縮毛矯正技術のプロとは?

①縮毛矯正の薬剤についての知識が豊富
②縮毛矯正の施術経験が豊富
③カラーリングの知識、経験が豊富
この3つが当てはまる美容師であれば、安心して縮毛矯正をお願いできると思います。

解説

①縮毛矯正の薬剤についての知識が豊富

まずは髪の毛の診断が適正か?も含まれます。
どのくらいのダメージがあるのか?どの位の周期で施術をするのか?
どんな薬剤でいつも施術されているのか?普段どんなケアをするのか?
など『カウンセリング力が必要』になります。

その上で、アルカリなのか酸性なのか薬剤の選定を
お客様の求める仕上がりにあわせて選択していきます。

※正確にはうちは酸性、中性、アルカリ、強アルカリと大まかに4パターンあります。
そこから調合をかえてほぼ無限に組み合わせは変更できますが、
化学的に4×4=16通りの薬剤の調合が望ましいと言われています。

②縮毛矯正の施術経験が豊富

普通の美容室で、縮毛矯正のお客様が何割いると思いますか?
僕の見解ですが、講師として派遣されていた経験、メーカー講師を派遣してみた経験、
ディーラーが他店舗から入れた情報などを総合しますと
『ほとんどのサロンが月に3名~5名程度』にしかならないそうです。

つまり、月に5名で年間60名。
スタッフの持ち回りも考えると、1人での施術経験が1年で30名にも満たない可能性がありますよね?
プロの料理人も、1年間で30回しかしないと上達しないと思うのです。

当店は、今年でオープン10年ですが、当初より縮毛矯正を売りにしてきましたので
今でも《1日に3人、平均5人、最大で月に50人~60人》の来店があります。

つまり、年間で600人~720人の施術をさせて頂いておりますので、

通常のサロンと比べると《10倍以上の経験》をつませて頂いております。

それが10年になります。
時間にして3万時間以上は縮毛矯正を施術してきたといってもいいと思います。

③カラーリングの知識、経験が豊富

縮毛矯正とカラーを同じタイミングで綺麗に施術するためには
毛髪の状態をきちんと把握し、季節に応じたダメージコントロールがとても重要です。

ですのでカラーでもなるべく低ダメージなもの、トリートメントを併用するなど
『普段から気をつけておけば縮毛矯正をしたい時に出来る状態を維持する事が可能』なんです。

上記3項目を踏まえてカウンセリングをし、施術させていただきますと
目に見えてダメージが進むとか、手触りが悪くなるとか痛みやすいといった
事が起こることはほとんどありません。

2.お客様に合わせた縮毛矯正技術

ストレートパーマといいますと、「サラサラ、ツヤがある」といったイメージが多いかと思います。

『10代の子達がイメージする縮毛矯正は、
今ですとAKB48、僕がアシスタントの時代にはモーニング娘。など』
でした。

アイドルやモデルの写真を見てみると、前髪から後ろの毛まで真っ直ぐですよね。

若い世代の子は、真っ直ぐな髪の毛こそ「自然な」ストレートだと思っています。
僕の経験でも、高校生のお客様が初めての縮毛矯正の施術に来られた時に、
「なるべく自然な感じで縮毛矯正をしてほしい」
とリクエストされました。

僕は、カウンセリングの際
「自然というのは毛先に丸みがあったりまっすぐピンピンじゃない方がいいんだよね?」
と必ず聞いています。

それでお互いにOKが出て施術して、仕上がりで毛先が丸いと

「毛先の癖が取れていないっぽいんですけど、大丈夫なんですか?」
と聞かれることも多いですし、電話で問い合わせがくることもありました。

その都度カウンセリングの内容をもう一度確認していくのですが、

ほとんどの場合、
『AKBの写真などを見ても毛先が丸くなっていると感じている』
お客様が非常に多いです。

そうなんです、実際はピンピンの真っ直ぐなんですが、

10代のまだ経験のないお客様には、
良い意味で、アニメ的(?)でまっすぐなんですけど、自然な感じに見えているんです。

ここに大きな誤解が生じる事となるんですよね。

前述にでました『自然さ』ですが、僕の中では
毛先の丸みもそうですが『根元の立ち上がり』も重要にしています。
根元からぺったんこにしたいのか、ふんわりしたいのか?
これも結果的にすごく重要になってくる要因になります。

縮毛矯正は、お互いにイメージの不一致が出てきてしまうこともありますので、

『最終的にどんなイメージで施術されたいのか?』
『希望の写真はあるのか?』
などしっかりとカウンセリングするよう心がけています。

3.縮毛矯正で癖ってどれくらい直るの?

縮毛矯正の癖ですが、実際どのくらいまでの癖なら取れるのか?
というのもよく聞かれるのですが、結論から言いますと

『状態による』

というのが回答になります。

仮に、癖がスチールウールくらい(黒人さんくらいの縮毛)であっても
健康毛か、多少のダメージ程度なら癖を直すことが可能です。

また、ホームカラーをしている、ブリーチをしている、
自宅でご自身で縮毛矯正の薬剤をつけたことがある、
など状況判断がしにくい場合には、時間がかかるかもしれませんが治せます。

つまり、癖の強弱で「出来る、出来ない
はないと思って頂いて大丈夫です!

————————————————————————————-

当サロンは、高い技術と豊富な実績を持つ縮毛矯正を特徴としております。

<当サロンの特徴> 〜siesta.のココがうれしい!〜

★チェックシートで事前にお客様のご要望を確認
→「施術中に会話を好まれるか、好まれないか」も含めて、お客様のご要望にとことんお応えすべく丁寧に対応いたします。

★駐車場は全5台!
→屋内駐車場3台、屋外駐車場2台の計5台分を完備。屋内駐車場の場合は、悪天候時も安心です。

★プロ意識の高いスタッフがしっかり担当
→数々の受賞歴と経験豊富なスタッフが対応いたします。
・2018JHA(japan hair doressing award)
・エリアスタイリスト・オブ・ザイヤーノミネート
・ライジングスター・オブザイヤー・ノミネート
・2018Hokuriku hair doressing award 審査員特別賞
・2018年KBR2018(関西ビューティーレボリューション)
・女性モード社賞受賞
・クリエイティブオフィシャル部門準優勝
・新美容出版社賞受賞
・サロンスタイル優秀賞
・2017年Hokuriku hair doressing award 審査員特別賞
・JAPAN PHOTO CREATION審査委員特別賞受賞
・その他国内外での受賞歴多数

当店では、お客様のお悩みに合わせて、オリジナル処方をご提供しております!
丁寧なカウンセリングも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
たくさんのご来店を心より待ちしております!

siesta公式LINEアカウントからでも受付可能です!
LINE@ ID:@wjx5788oで検索をお願いします。


Reservation

ご予約

電話予約


059-253-8150
(9:00〜17:00)

電話で予約する

LINE予約



※ご予約以外にも髪型のご相談など承ります。

LINEで予約する
Siesta.

〒514-0838 三重県津市岩田5-5(サンクス隣)

TEL 059-253-8150

営業時間 9:30-18:00(金曜日21:00まで)
●カット最終受付 17:30
●パーマ、カラー最終受付 16:30(金曜日19:30)

定休日 月曜ほか不定休(LINEまたはHPにてご案内しております)